フランスパン通販 おいしいフランスを冷凍でお届けします 営業日:月〜金(祝祭日を除く)2017年3月7更新  

フランスパン ヴァンテアン  トップページフランスパン ヴァンテアン 商品カテゴリフランスパン ヴァンテアン お支払・配送についてフランスパン ヴァンテアン 運営者の紹介フランスパン ヴァンテアン お問い合わせ会員登録フランスパン ヴァンテアン カートの中

簡単フランス料理レシピ

ご注文いただいたお客様にレシピをプレゼント!

 今月のフランス料理レシピ 

                  2017年3月のフランス料理レシピ    Vol.97

豚レバー タラゴンとはちみつ風味
Foie de porc au miel et à l'estragon
 

 
寒い季節もそろそろ終わりですが、まだまだ寒い日が続いています。春が待ち遠しいのは私だけではないと思います。しかしながら、比較的重めの料理がより美味しく感じられるのはやはり冬。特に赤ワインのソースで食べる料理は寒い時期に食べたくなるものです。冬の疲れが出てくるこの時期、はちみつの甘みとタラゴンの風味で豚レバーを召し上がって美味しくスタミナを付けてくださいね。                                              
                                                  
ヴァンテアンのバゲット

 

 

                  2017年2月のフランス料理レシピ    Vol.96

豚フィレ肉 栗と茸風味
Filet mignon de porc aux chataignes et aux champignions
 

 
一年で一番寒いこの時期はジビエ料理やちょっと高めの赤ワインなどを愉しむには絶好な季節です。フランス料理をより美味しく味わえる季節ともいえると思います。日本のスーパー等で買うことのできる肉類はかなり種類が少なく、フランスの家庭で食べられているような重みのあってワインとも美味しい肉料理は、ちょっと難しいのが正直なところ。いう
そんなときは複数の食材を組み合わすことでかなりニュアンスが似かよった料理を作ることができます。今月のレシピは豚フィレ、ハモン・セラーノ、鶏胸肉を組み合わせて兎肉のローストのように仕上げています。「食材の組み合わせ」を是非楽しんでみてくださいね。                                              
                                                  
ヴァンテアンのバゲット

 


                  2016年12月のフランス料理レシピ    Vol.95

牛肉のパイ包み焼き
Boeuf en croûte

 

 
いよいよ12月になり、クリスマスのイルミネーションもあちらこちらで見かけるようになりました。ご自宅でクリスマスパーティーを計画されている方も少なくないはず。フランスでは、クリスマス(=ノエル)は日本でいうお正月。家族が揃ってご馳走を前に楽しい会話をする、そんなアットホームなイベント。メインディッシュは七面鳥ローストが有名ですが、その他のものでももちろん大丈夫。ドーンと大きなお皿に盛り付けられたロースト系の料理を切り分けて家族みんなでいただく今月のレシピ<牛肉のパイ包み焼き>もイベント感たっぷりの一皿。ご家族やご友人と一緒に是非味わってみてください。                                              
                                                  
ヴァンテアンのバゲット

 

 

                  2016年11月のフランス料理レシピ    Vol.94

スープ ドゥ フリュイ
Soupe de fruits

 

 
冬の到来を感じる季節になり、クリスマスが近くなってきた感じがしているのは私だけでしょうか?この時期何かと話題になるボジョレ・ヌーヴォをご自宅でご友人達と楽しむ方も多いと思いますが、デザートとしてもカクテルとしても楽しめる一皿が今月のレシピ<スープ
 ドゥ フリュイ>。簡単に言えば、「フルーツのスープ」ですが、サラダ感覚フルーツポンチといえばよいでしょうか。お好みでフルーツを組み合わせても楽しい一皿です。                                              
                                                  
ヴァンテアンのバゲット

 

 

                  2016年10月のフランス料理レシピ    Vol.93

豚肉のソテー りんご風味
Sauté de porc aux pommes

 

 
台風が多かった今年は秋冬の味覚にも影響があるかとちょっと心配ですが、今のところ林檎に関しては問題ないようです。林檎といえばアップルパイなどのお菓子を連想される方も多いと思います。フランスではお肉と果物を組み合わせることが普通で、お肉の美味しさをより引き立ててくれるものとして林檎や洋梨など様々な果物が肉料理に使われます。日本でも馴染みのある林檎と豚肉を一緒にソテーすると...是非お試しください。                                              
                                                  
ヴァンテアンのバゲット

 


                  2016年9月のフランス料理レシピ    Vol.92

茄子のキャビア仕立て
Caviar d'aubergines

 

 
台風が多い今年の夏は全般的に野菜が不作気味ですが、夏の野菜の代表格の茄子はある程度安定した美味しさと出荷量のように感じられます。そこで、茄子を美味しく、しかも日本ではあまり知られていない食べ方で楽しめるレシピを今月はご紹介します。「茄子のキャビア仕立て」は、アラブ諸国を含む地中海周辺で食べられている料理で、オリーヴオイルの産地ならではの茄子料理ともいえます。サラダ感覚で楽しめるディップとして南仏産のワインとご一緒にどうぞ。もちろん、バゲットもお忘れなく!                                              
                                                  
ヴァンテアンのバゲット

 


                  2016年8月のフランス料理レシピ    Vol.91

鶏肉のブルーチーズ風味 サラダ仕立て
Poulet au roquefort en salade

 

 
梅雨が明け、いよいよ本格的な夏がやってきました。高温多湿の日本の夏は体調も減退気味。食べなければバテるのに食べられないということもしばしばあるヴァンテアン店主ですが、そんな時は野菜を多く取りたくなるもの。今月のレシピは、鶏胸肉にブルーチーズのソースを添えたサラダ仕立ての一皿。強いチーズなので、一手間加えるとマイルドで風味豊かなソースにもなるブルーチーズ。サラダ仕立てで食べやすく、よく冷えたロゼワインとも合うので是非お試しくださいね。                                              
                                                  
ヴァンテアンのバゲット

 

 

                  2016年7月のフランス料理レシピ    Vol.90

フレンチトースト サレ
Pain perdu salé

 

 
梅雨真っ只中のこの時期、気分の下降気味になるのは私だけでしょうか?今年の梅雨は夏のような暑さも割りと多くて空梅雨な様相。温度差と高い湿度で食欲があまりでない方も多いのではないでしょうか。そんなときでも、パクパク食べれて食べやすいのが今月のレシピ
「フレンチトースト サレ」。簡単に言えば、塩味フレンチトーストです。基本的な作り方は甘いフレンチトーストと同じですが、茸や野菜と一緒に焼けば立派なワンプレートディッシュになっちゃいます。食パンでは味わえないバゲットならではの一皿です。                                              
                                                  
ヴァンテアンのバゲット

 

 

                  2016年6月のフランス料理レシピ    Vol.89

鶏もも肉のソテー ピーマンソース
Cuisses de poulet sautées sauce aux proivrons

 

 
初夏の気持ちのよい陽気で、庭に植えているハーブ達も日に日に元気に育っているのを眺めて嬉しくなっているのは私だけではないはず。この季節は旬の野菜の色も鮮やかで、見ているだけで食欲が湧いてきます。色が鮮やかであるだけではなく甘みも多い夏野菜。あえて火を通さずそのままサラダ感覚で味わうのもアリです。今回のレシピは、ピーマンを生のまま使ってサラダ感覚に仕上げたソースが美味しい一皿です。                                              
                                                  
ヴァンテアンのバゲット

 

 

                  2016年5月のフランス料理レシピ    Vol.88

鶏肉のナヴァラン
Navarin de poulet

 

 
春というよりは初夏を思わせる日差しが眩しいこの時期、フランスには突然のように夏がやってきます。徐々に季節が移り変わっていく日本の穏やかな気候とは異なり、前日はコートを着る程の寒さなのに次の日はTシャツで過ごせるなんてこともしばしば。日本人の私にはこの温度差のギャップにはかなり堪えました。そんなときは今月のレシピのようなかぶ」を使った料理をどうぞ。本来は仔羊の肉とかぶの組み合わせがスタンダードですが、今回のレシピでは鶏肉を使いあっさり優しく仕上げています。                                              
                                                  
ヴァンテアンのバゲット

 

 

                  2016年4月のフランス料理レシピ    Vol.87

フキと茸のソテー タイム風味
Fukis et champignions sautés au thym

 

 
桜が咲きいよいよ春を実感し始めるこの時期、食べ物も春の味覚が続々と店頭に並び始めました。山菜をはじめ、筍などの春の味覚が美味しそうに店頭に並んでいるのを目にすると、思わず笑顔になってしまいます。フランスでは特に「春の味覚」という感じではないですが、この時期に皆が楽しみにしているものがあります、「ホワイト アスパラガス」です。日本の山菜同様、やはり春のものだけあってアクが強く独特の味わいがあります。個人的にはこのホワイトアスパラガスと「ふきのとう」が味のイメージ的にかぶるところがあり、フランス料理的にアレンジしてみました。ふきのとうの爽やかな苦味と香りが茸とタイムの風味と混ざり合う、フランコ・ジャポネ(Franco-Japonais)な一皿です。                                              
                                                  
ヴァンテアンのバゲット

 

 

                  2016年3月のフランス料理レシピ    Vol.86

田舎風テリーヌ
Terrine de campagne

 

 
少しずつ春を感じるようになるこの時期、なんだか食欲がどんどん湧いてくるのは私だけでしょうか?そんな時に食べたくなるのがフランス料理の定番「テリーヌ」。フランスでは、シャルキュトリーはもちろん、スーパーでも陶器製の大きなテリーヌ型のまま様々な種類のテリーヌがズラッと並んでいて、量り売りしています。フランスの人々にとってはあまりにも日常的な伝統料理ですが、フランス料理を語る上で欠かせないものでもあります。そんな伝統料理「テリーヌ」を是非ご家庭で味わってみてください。                                              
                                                  
ヴァンテアンのバゲット

 

 

                  2016年2月のフランス料理レシピ    Vol.85

蟹のスープ
Soupe de crabes

 

 
暖冬とはいえ寒さが堪えるこの季節は体が温まるものが欲しくなります。鍋はその代表格ですが、もっと簡単に食材のエキスをストレートに感じられるのが今月のレシピ《蟹のスープ》。複雑な味が綺麗にまとまっているブイヤベースとは違い、シンプルでストレートな味がこのスープの特徴。蟹の味噌汁を作る感覚で是非一度チャレンジしてみてくださいね。                                              
                                                  
ヴァンテアンのバゲット

 

 

                  2016年1月のフランス料理レシピ    Vol.84

茹で豚のマスタードソース
Porc bouilli sauce moutarde

 

 
新年を迎え、おせち料理を存分に楽しんだ方も多いと思いますが、胃が疲れてしまっていることも多いこの時期。個人的にはさっぱりしていてしっかり食べれる物が欲しくなるのですが、皆様はどうでしょうか?そんなときは、ポ・ト・フなどのさっぱりした煮込み料理が食べたくなるそんな私が作るのが今月のレシピ<茹で豚>。ポ・ト・フと同じで野菜と一緒に豚肉を水から茹でるだけですが、マスタードのソースと合わせれば、それはもうフレンチ茹で豚料理です。                                              
                                                  
ヴァンテアンのバゲット

 

 

                  2015年12月のフランス料理レシピ    Vol.83

フリュイ・デギゼ
Fruits déguisés

 

 
クリスマスを感じる12月は華やかでカラフル。最近では、東京でも「マルシェ ド ノエル」が楽しめるようになり、Christmasが「Noël ノエル」のようになってきているのを感じます。フランスのノエルは、家族とお家でゆったりと愉しむもの。そんなノエルに欠かせないのが今月のレシピ「フリュイ・デギゼ」。マジパンを木の実やフルーツで挟んだアペリティフ的なお菓子。フランスのノエルをちょっとだけ感じてみませんか?                                              
                                                  
ヴァンテアンのバゲット

 


                  2015年11月のフランス料理レシピ    Vol.82

洋梨とハモン・セラーノのアンサンブル
Poires au Jambon Serrano

 

 
本格的な冬を感じるようになり、スーパーなどの店頭にも秋冬の味覚が沢山並んできています。やはり鍋などに使われる食材が目を引きますが、ぎゅっとした甘さが美味しいこの時期の果物も秋冬の楽しみ。その中でよりヨーロッパ的なもの「洋梨」。最近は、色々な品種が作られるようになり、洋梨の特徴であるリキュールっぽい香りがあるものも普通に手に入るようになりました。しかし、まだまだ馴染みがないのかもしれません。そこで今回は、洋梨を美味しくいただける一皿をご紹介。生ハムといえば脂が美味なイタリアの「プロシュート」ですが、肉々しいスペインの生ハム「ハモン・セラーノ」と洋梨とのアンサンブルな味わいは、どちらかというと「攻め」の美味しさ。メロンとはまた違った美味しさを体感してみてください。                                              
                                                  
ヴァンテアンのバゲット

 

 

                  2015年10月のフランス料理レシピ    Vol.81

鶏肉のマロン風味
Poulet aux chataignes

 

 
ここ数日グッと秋めいてきて食欲が増している方も少なくないと思います。代表的な日本の秋の味覚といえば「栗」。以外に知られていませんが、生栗は保存がある程度きくので一年中色んな形で味わえますが、一年の中で9月後半から2週間ほどしか出回らない「超」がつくほどピンポイントな秋の味覚なんです。そんな秋の味覚「栗」を鶏肉のローストと合わせた料理が今月のレシピ。日本の料理にはあまり見られないヨーロッパのスタンダードな美味しさを楽しんでみてください。                                              
                                                  
ヴァンテアンのバゲット

 


                  2015年9月のフランス料理レシピ    Vol.80

鮪のロースト ラズベリーソース
Thon poêlé aux framboises

 

 
例年よりも早めに秋を感じ始めたこの頃、食欲も秋モードになってきている方も少なくないはず。まだまだガツンとお肉を食べる感じではないけどしっかりどっしり食べたい、そんな時には「鮪」がおすすめ。日本では刺身で食べることが圧倒的に多い鮪ですが、ステーキやローストビーフのように焼いて食べるとまさにいお肉のようになる面白い食材。ラズベリーのもつ独特の果実味が「お肉感」を一層引き立ててくれます。このフランス的鮪料理を召し上がって、是非鮪の美味しさを再発見してみてください。                                              
                                                  
ヴァンテアンのバゲット

 

 

                  2015年8月のフランス料理レシピ    Vol.79

海老とグレープフルーツのカクテルサラダ
Salade cocktail de crevettes et pamplemousse

 

 
年を追うごとに暑くなっている気がする日本の夏。そんな連日の厳しい暑さの中、夏バテ気味の方も少なくないと思います。作者の自分も含め、さっぱりとしてしっかり食べれるものが欲しくなるそんな季節。そんな方にお勧めなのが、果物と組み合わせたサラダ。日本では馴染みの薄い食事に果物を取り入れる組み合わせ、素直でシンプルな美味しさがクセになります。先月に続き、フランスの夏メニューで元気に夏を乗り切りましょう!                                              
                                                  
ヴァンテアンのバゲット

 

 

                  2015年7月のフランス料理レシピ    Vol.78

野菜とフルーツのサラダ
Salade de légumes et fruits

 

 
雨の日が多く、晴れ間との気温差が大きくて体調を崩しがちなこの季節。食欲も減退気味な方も少なくないはず。そんな時はフルーツを野菜のようにサラダにして食べるのがおすすめ。日本ではあまり馴染みがないように思える「野菜と果物」の組み合わせ。瑞々しく甘い夏野菜はまさに果物そのもの。モリモリ食べてビタミンをしっかり摂取してくださいね。                                              
                                                  
ヴァンテアンのバゲット

 

 

                  2015年6月のフランス料理レシピ    Vol.77

鮎の香草風味
Ayus au four

 

 
夏を少しずつ感じるようになったこの頃、夏の食材も出回るようになってきました。鮮魚売場は様々な種類の魚が並び、水族館の水槽を眺めているかのように楽しくなるのは私だけでしょうか。今月のレシピんの食材<鮎>は、この季節の風物詩的な食材。和のイメージが強いこの魚、透き通るように繊細な味と香りが特徴。今回はフランスの虹鱒料理を応用して作った一皿。鮎の繊細な味とハーブの個性が混ざり合う、いかにもフランス的な料理。よく冷えたロゼが飲みたくなります。                                              
                                                  
ヴァンテアンのバゲット

 


                  2015年5月のフランス料理レシピ    Vol.76

かぶのコンフィ
Navets confits au miel

かぶのコンフィ 

 
すがすがしい陽気が続くこの季節、みずみずしい野菜がたくさん出回る時期でもあります。たくさんの美味しい野菜の中でもひときわ目を引く食材が「かぶ」。日本のかぶはフランスのものよりも水分が多く、上品な甘みが特徴。生で食べることも多い食材ですが、火を通すと甘みが倍増してより美味しくなるのもまた特徴。その「甘み」を利用したのが、今月のレシピの《かぶのコンフィ》。いかにもフランス的な一皿です。                                              
                                                  
ヴァンテアンのバゲット

 


                  2015年4月のフランス料理レシピ    Vol.75

田舎風オムレツ
Omelette campagnarde

 

 
すがすがしい朝を迎えることが多くなったこの頃、なんとなく開放感があって気持ちのよい季節なりました。そんな気持ちのよい休日の朝は、ゆっくりと食事をする方も多いはず。そんな時にぴったりなのが今月のレシピ<田舎風オムレツ>。バゲットと組み合わせるとそれはすでに普通のフランスの食卓。カフェ・オ・レを飲みながら是非フランス風に朝食を楽しんでみてくださいね。                                              
                                                  
ヴァンテアンのバゲット

 


                  2015年3月のフランス料理レシピ    Vol.74

クロック・マダム
Croque Madame

 

 
観光大国のフランス、特にパリを訪れたことがある方は沢山いると思います。パリといえば
「カフェ」。そのパリのカフェで「クロック・ムッシュ」というホットサンドを食べたり見たりしたことがある方も多いかもしれませんが、今月のレシピ「クロック・マダム」は、あまり聞いたことがないのではないでしょうか。ホットサンドという点では同じものですが、「目玉焼き」が乗っているのが特徴です。「クロック・ムッシュ」も「クロック・マダム」も手軽に作れるフランス定番料理。日曜日の朝食に是非楽しんでみてくださいね。                                              
                                                  
ヴァンテアンのバゲット

 

 

                  2015年2月のフランス料理レシピ    Vol.73

ステック・フリット
Steak Frites

 

 
「ステーキ」といえばアメリカンなイメージがありますが、フランスでもメジャーな料理。フレンチフライドポテトとセットというのが定番。ブラッスリーやビストロではお馴染みのメニュー「ステック・フリット」は、フランス人の好物といっても過言ではありません。家庭の食卓でもよく出されるこの「ステック・フリット」、今回は肉汁と赤ワインのシンプルなソースに仕上げています。生のジャガイモを揚げて作る自家製のフレンチなフライドポテトを添えればパリのビストロのような普段着のフランスが簡単に楽しめますよ。                                              
                                                  
ヴァンテアンのバゲット

 

 

                  2015年1月のフランス料理レシピ    Vol.72

リ・オ・レ ココナッツ&マンゴー風味
Riz au lait de coco à la mangue

 

 
新年が明けて、おせち料理三昧だった方も多いはず。お餅もいろいろな食べ方で楽しんでいると思います。お持ちの原料のお米は、普段から主食として食べない日が無いほど身近なもの。しかし、フランスではデザートやサラダに出てくることが多く、どちらかというとマイナーな食べ物。フランス人にとってはお米はデザート的なイメージも強く、特にミルクとお米の相性は抜群。リゾット仕立てのデザートにココナッツとマンゴーの風味ををプラスして作った華やかなデザートが今月のレシピ。日本の方にはちょっと風変わりに見えるお米のデザートを楽しんでみてください。                                                  

                                                  
ヴァンテアンのバゲット

 

 

                  2014年12月のフランス料理レシピ    Vol.71

シャンパーニュのソルベ
Sorbet au champagne

 

 
12月はといえばクリスマス。ご自宅でクリスマスをお祝いする方も多いと思います。七面鳥の料理やローストチキンなどのご馳走が並ぶクリスマスを計画されている方も多いはず。今年はバターが不足しているのでケーキを作るのも結構大変。デザートはジェノワーズやビスキュイを使ったものだけではありません。手軽に出来る《シャンパーニュのソルベ》で大人のデザートを楽しんでみてください。                                                  

                                                  
ヴァンテアンのバゲット

 


                  2014年11月のフランス料理レシピ    Vol.70

小魚のエスカーベーシュ風
Petits poissons à l'escabèche

 

 
朝晩が肌寒く感じるようになり、「食欲の秋」真っ只中。野菜や鮮魚売り場も様変し、食欲をそそる食材が増えてきました。おでんや鍋、スープなど体が温まるものを食べたくなりがちですが、あまり続きすぎるとちょっと飽きてしまうもの。今回はこれから店頭に並ぶ美味しい小魚をエスかベーシュ風に食べる料理。「Fish & Chips」のように食べてもよし、サラダ感覚で食べてもよしのおつまみ風な料理です。                                                  

                                                  
ヴァンテアンのバゲット

 

 

                  2014年10月のフランス料理レシピ    Vol.69

りんごのコンポート 赤ワイン風味
Pommes au sirop et au vin rouge épicé

 

 
秋の気配を感じるこの頃、美味しいものが沢山でてくるのが楽しみな季節です。身近な果物の「林檎」もこれから色んな種類のものが店頭に並びます。日本ではそのまま食べることが多いですが、フランスではタルトやショソンをはじめとする「焼き菓子」で使われることも多い果物。火を通すとまた違った美味しさがあるマルチな食材です。その林檎をスパイスと赤ワインを使い、大人のデザートにしました。                                                  

                                                  
ヴァンテアンのバゲット

 


                  2014年9月のフランス料理レシピ    Vol.68

バナナのフランベ
Bananes flambées

 

 
不安定な天気が続いている今年の夏もそろそろ終盤を感じるこの頃ですが、秋を感じるにはまだ時間がありそうな気もします。夏には南国のフルーツが店頭に並ぶことが多いですが、バナナは一年中どこでも売っているフルーツ。そのまま食べることが圧倒的に多いバナナ、火を通して調理するデザートはあまり知られてない果物です。洋梨やりんごのように調理されたバナナのデザートはいつもと違うバナナの美味しさ。シンプルで深い味わいのデザートです。                                                  

                                                   
ヴァンテアンのバゲット

 

 

                  2014年8月のフランス料理レシピ    Vol.67

胡瓜と山羊チーズのグラチネ ポピーシード風味
Concombre gratiné au chèvre et graines de pavot

 

 
梅雨が明け、夏真盛りのこの時期に旬な食材「胡瓜」。冷やして生のまま食べる野菜の代名詞的なこの野菜ですね。その胡瓜に合わせるのがいかにもフランス的なおいしさの「シェーヴル(山羊チーズ)」。この二つの食材を天火で焼くのが今月のレシピ。ポピーシードたっぷりのパンと一緒に食べるのがポイント。よく冷えた白ワインとご一緒にどうぞ。
 

ヴァンテアンのポピーシードバゲット

チーズ専門店アルパージュのシェーヴル

  


                      2014年7月のフランス料理レシピ    Vol.66

カブとじゃが芋のヴルーテ
Velouté de Navets

 

 
梅雨真っ只中のこの時期、体調も崩しがち。食欲がなくなりはじめるのも今の時期かかもしれませんね。そんなときに食べたくなる「食べるスープ」が今月の料理です。
これまで何度も登場している「ヴルーテ」、日本ではあまり馴染みがない料理ですが、フランスでは極々一般的な食べるスープ。ピュレに近い食感なので、素材の味がストレートに味わえます。今月のレシピ「カブとじゃが芋のヴルーテ」は、温めても冷ましても美味しいので
体調に合わせて味わい方を変えてみてくださいね。
 

ヴァンテアンのバゲット

  


                      2014年6月のフランス料理レシピ    Vol.65

鰹のたたき トロピカルソース
KATUO en Tataki Sauce Tropicale

 

 
夏が近づいてきていることを実感し始めるこの時期、食べ物の旬も次々と入れ替わります。中でも魚はこの時期特有のものが多く出回ります。金目鯛やトビウオなどはその代表、鰹は代表格かもしれません。今月のレシピは、その鰹を使った一皿。ステーキのようなレアな焼き加減の「鰹のたたき」は、刺身とはまた違った味わいがあり、実はとてもフランス料理的な料理。そんな伝統的な「和食」をフランス料理的にアレンジしたFoodingな料理です。
 

ヴァンテアンのバゲット

  


 

                      2014年5月のフランス料理レシピ    Vol.64

カブのレモン風味
Navet cru au citron

 

 
暖かさが心地よいこの季節ですが、意外に体調を崩している方も多いこの時期。体にスッと入ってくるようなシンプルな食べ物が欲しくなります。そこで、今月のレシピは野菜の甘みがぎっしり入った「カブ」を使った料理。今では一年中みられる野菜となった「カブ」、通年を通して美味しくいただけます。日本のカブはジューシーで甘みが強く、何より生で食べられ、何より葉まで丸ごと楽しめる便利な野菜。そんなカブを使ったシンプルだけど華やかな野菜料理です。
 

ヴァンテアンのバゲット

  

 

                      2014年4月のフランス料理レシピ    Vol.63

山菜のブレゼ
Plantes sauvages coméstibles en cocotte

 

 
桜咲く四月は山菜の季節でもあります。お浸しや天婦羅で味わうことが多い山菜ですが、基本的にはどの素材も灰汁が強く、意外に調理は難しいもの。「ホワイト アスパラガス」はフランスでは春の味覚ですが、灰汁が強いのと爽やかな風味というのは山菜と非常に似ています。その調理法を応用した「野菜を美味しく食べる」料理です。
 

ヴァンテアンのバゲット

  


                      2014年3月のフランス料理レシピ    Vol.62

アスパラガスの包み焼き
Asperges vertes en papillottes

 

 
ようやく春の兆しを感じることが出来るようになった3月、<ふきのとう>や<たらの芽>などの山菜が美味しくなる季節ですね。アスパラガスも山菜に似た食べ方が出来る食材で、火の通し加減で色々な表情をみせてくれます。そんな色々な美味しさを秘めているアスパラガスをホイルで包んで蒸し焼きにしたのが今月のレシピ<アスパラガスのホイル焼き>。サーモンとハーブなどと一緒に蒸し焼きにすることで、素材の旨みが混ざり合う自然な美味しさが作り出せます。旬の山菜でも代用できるかんたん料理です。
 

ヴァンテアンのバゲット

  

 

                      2014年2月のフランス料理レシピ    Vol.61

鯖のサラダ仕立て
Maquereaux en salade

 

 
フランス料理といえば肉料理が多いですが、魚介料理も色々な食べ方があります。フランスでは燻製やオイル漬けなどで食べられることが多い身近な魚「鯖」を使った料理が今月のレシピです。和食のようにしっかり火を通すのではなく、鯖のもつ美味しい脂をやさしく引き出して自然な味に仕上げています。サラダ仕立てなのでさっぱりしていてご飯とも合うフランス料理です。
 

ヴァンテアンのバゲット

  


                      2014年1月のフランス料理レシピ    Vol.60

ほうれん草のタルト
Tarte aux épinards

 

 
新年を迎え、おせち料理に舌鼓を打つお正月。トラディショナルな食べ物というのはどこか懐かしく、なぜか笑顔になってしまうのは私だけではないはず。ついつい食べ過ぎてしまう時期でもありますね。綺麗に彩られたご馳走もよいですが、普段食べているものが恋しくなるのは私だけでしょうか。今月ご紹介する「ほうれん草のタルト」は折込みパイ生地を使ったお食事タルトで、キッシュとはまたちょっと違ったバターの美味しさがあります。普段のフランスを感じる惣菜タルトです。
 

ヴァンテアンのバゲット

  


                      2013年12月のフランス料理レシピ    Vol.59

ジェノワーズ
Pâte à Génoise

 

 
今月25日はクリスマス。この日を楽しみにしている方も多いのではないではないでしょうか?ケーキ屋さんは一年で一番忙しい時期ですが、最近ではご自宅でクリスマスケーキを作る方も多いのではないでしょうか?フランスではクリスマスのケーキといえば切り株を模した「ビュッシュ ド ノエル」のみといっていいくらい伝統的なもの。日本ではショートケーキが主流。ケーキ作りに欠かせないのがケーキの土台となるスポンジケーキ。フランス語では「ジェノワーズ」といいます。このジェノワーズの良し悪しがケーキの良し悪しを決めるといっても過言ではありません。クリームや果物、ポンシュをしっかり支えてくれる「ジェノワーズ生地」は、ふんわりやわらかく軽い歯ざわりなのにしっかりコシがあるもの。今月のレシピ「ジェノワーズ」を作って、お手製の「おいしいケーキ」でノエルをどうぞ楽しく美味しく飾ってください。
 

ヴァンテアンのバゲット

  


                      2013年11月のフランス料理レシピ    Vol.58

牡蠣のグラチネ カマンベール風味
Huîtres au camembert

 

 
肌寒くなってきたこの頃。やっと「食欲の秋」を実感している方も多いのではないでしょうか。寒くなってくると食べたくなる「牡蠣」。鍋にしたり、岩牡蠣を生でいただいたりと海のエキスいっぱいの食べ物ですが、日本と同様にフランスでも冬の風物詩的な食べ物で、ホームパーティーなどでも生牡蠣を楽しみます。生牡蠣も美味しいですが、程よく熱が通った牡蠣は生とはまた違ったマイルドな旨みが楽しめます。今回のレシピはカマンベールチーズのソースをグラタン風に仕立てた《牡蠣のグラチネ カマンベール風味》。ボジョレ ヌーヴォ会のアペリティフとして、よく冷えた「Aligoté」と一緒にいかがでしょう。
 

ヴァンテアンのバゲット

  

 

                      2013年10月のフランス料理レシピ    Vol.57

きのこのヴルーテ
Velouté de champignons

 

 
ようやく秋らしくなってきたこの頃。きのこの季節でもある秋、鍋物に入れてきのこを味わっている方も多いと思います。フランスも今はきのこの季節。セップ茸やモリーユ茸、ジロール茸など沢山の種類のきのこが市場に並びます、もちろんトリュフも。ソテーや煮込み、オムレツなど食べ方も様々。シンプルにやさしく食べれる茸の料理<きのこのヴルーテ>が今月のレシピです。どんなきのこでも美味しくいただけますが、舞茸やマッシュルームなどのきのこの方が椎茸やしめじよりも臭みが無くてお勧めです。ご自分の好きな茸をいつもと違った食べ方で味わってみてください。
 

ヴァンテアンのバゲット

  


                      2013年9月のフランス料理レシピ    Vol.56

じゃが芋のリヨン風
Pommes lyonnaise

 

 
フランス料理において、付け合せの料理は非常に重要。それは、3っ星レストランでも家庭料理でも同じ。特にCantine、Brasserie、Café、家庭で出される料理の付け合せはフリット(フライドポテト)やじゃが芋のピュレ、この<じゃが芋のリオン風>などのじゃが芋料理が多く、じゃが芋料理は無くてはならないものともいえます。簡単なのにそれ以上の味わいがあるこの料理、日本人には多少重めに感じるかもしれません。しかし、ステーキ、赤ワイン、バゲットと一緒なら、気分はパリのBrasserieにいるよう。
 

ヴァンテアンのバゲット

  


 

                      2013年8月のフランス料理レシピ    Vol.55

ガスパチョ
(スペイン風トマトの冷製スープ)
Gaspacho

 

 
暑い日が続いていますが、皆さんいかがおすごしでしょうか?日本の夏は、湿度がかなり高く個人的には大の苦手で、夏バテしないように気を使う時期でもあります。ちょうどヴァカンス真っ只中のフランスの夏は、湿度がかなり低くて日陰に入ると涼しい、非常に過ごしやすく日本とは真逆ですね。しかし、夏は夏。暑いの中、フランスでも食べられるいるスープ< ガスパチョ >が今月のレシピです。氷を入れて食べるのが特徴のこのスペインの野菜スープ、「野菜を食べる」という表現がぴったりな料理です。
 

ヴァンテアンのバゲット

  

 

                      2013年7月のフランス料理レシピ    Vol.54

クレーム ・ア・ ラ・フランボワーズ
(木苺のクリーム)
Crème à la Framboise

 

 
日本は梅雨真っ只中ですが、フランスではこの時期夏真っ盛り(今年は異常なほど気温が低いようですが...)。色々な果物が市場に並びます。その中でもフランス人に好まれるのは木苺(仏語:フランボワーズ)。デザートはもちろん、ヴィネガーにも使われたりと使い方は様々。他にはない独特の酸味と香りをもつこの果物は、魅惑的という表現がぴったりで、いかにもフランス人好み。そんな木苺をシンプルに仕上げたデザートが今月のレシピ
< クレーム・ア・ラ・フランボワーズ >、是非お試しを。
 

ヴァンテアンのバゲット

  

 

                      2013年6月のフランス料理レシピ    Vol.53

タラマ
(ギリシャ風鱈子のディップ)
Tarama aux oeufs de cabillaud

 

 

日本はこれから雨の季節ですが、フランスはカラっと過ごしやすく陽も伸びて開放的な季節。バーベキューがはじまる季節ともいえます。しかし、今年のフランスは全国的にかなり寒いようで例年とは少し違った様子。きっと皆バーベキューができる日を心待ちにしていることでしょう。フランスでのバーベキューは日本と少し違っています。アペリティフや前菜・デザートもあり、もちろんバゲットは必須です。そんなバーベキューでもアペリティフや前菜にできるのが今月のレシピ<タラマ>。ギリシャの料理ですが、フランスではどこのスーパーでも売っているポピュラーな食べ物です。いつもとは違う鱈子の食べ方を是非楽しんでみて下さい。
 

ヴァンテアンのバゲット

  


                      2013年5月のフランス料理レシピ    Vol.52

オリーヴオイルとチーズのシンプルパスタ
Pâtes à l'huile d'olive et au fromage rapé

 

 

忙しくて時間ない時や買い物に行きそびれて時などに、冷蔵庫に食材がなくて「何を食べようかな?」と困ることもあるかと思います。フランスにはコンビニはありませんし、日曜日はスーパーなどのお店は軒並みお休み。そんな時にはこのパスタ料理が役に立ちます。パスタにオリーヴオイルとチーズをかけシンプルにいただく。「目からウロコ」な普段着のフレンチです。
 

ヴァンテアンのバゲット

  


                      2013年4月のフランス料理レシピ    Vol.51

鶏肉のディジョン産マスタード風味
Poulet à la moutarde de Dijon

 

 

「マスタードといえばディジョン」、「ディジョンといえばマスタード」というくらい有名なディジョン産マスタード。マスタードの世界的ブランド<MAILLE>が生まれたのがディジョンであることからも知名度がわかります。ディジョン市のあるコート・ドール県では色々な種類のマスタードがあり、エストラゴン(タラゴン)風味のマスタードは特に美味。立派な調味料としてのマスタードの美味しさを是非発見してみてください。
 

ヴァンテアンのバゲット

  

 

                      2013年3月のフランス料理レシピ    Vol.50

春野菜のポタージュ
Potage printanier

 

 

徐々に暖かくなる季節、おいしい野菜もグンと増える季節でもあります。もしかしたら日本の季節の中で一番野菜がおいしいのは春先かもしれませんね。そんなおいしい旬の野菜のおいしさをスープにして味わうのが今月のレシピ< 春野菜のポタージュ >。
ベースのスープに好みの野菜を入れて作るので、オリジナルのポタージュを作るのも楽しいのではないでしょうか。
 

ヴァンテアンのバゲット

  


                      2013年2月のフランス料理レシピ    Vol.49

じゃがいものピュレ
Purée de pommes de terre

 

 

どの国にもその国の定番料理というものがありますが、<付け合せ>にも定番があるのではないでしょうか。フランスでは、「フリット(Frites)」と呼ばれているフレンチ フライドポテトや今月のレシピ《じゃがいものピュレ》が定番の付け合せ。このじゃがいもののピュレ、Cantineや家庭でよく食べられていますが、ビストロやレストランではあまり出されることのない付け合せ料理です。スーパーなどでは粉末状で牛乳を加えるインスタントなものも沢山売られています。それほど普通すぎるくらい普通の料理、といえるかもしれません。
 

ヴァンテアンのバゲット

  


                      2013年1月のフランス料理レシピ    Vol.48

サーモンのバター煮 ディル風味
Saumon au beurre à l'aneth

 

 

本格的に寒くなるこれからの時期、日本では魚もおいしくなる季節。そんな魚介類ですが、鍋料理などで活躍することが多いのではないでしょうか。西洋風の調理では、「ムニエル(Meunière)」が一般的なのかもしれません。肉の調理ようにじっくりバターと一緒に火を通していき風味豊かに焼き上げる料理が今月のレシピ。「ホイル焼き」とは全く違う風味豊かな魚料理を是非お試しください
 

ヴァンテアンのバゲット

  


 

                      2012年12月のフランス料理レシピ    Vol.47

鶏胸肉のソテー フロマージュブラン添え
Blanc de poulet au Fromage blanc

 

 

今月で今年も終わり。何かと忙しい時期ですが、クリスマスは楽しく、そして美味しく過ごしたいもの。フランスでは家族が揃って食事をする最大のイベントと言えるかもしれません。静かに過ぎていくそんなクリスマス。クリスマス前の市場はいつもに増して賑わい、日本のお正月と似ているかもしれません。そんな大イベントのフランスのクリスマスですが、栗を詰めた七面鳥のローストが伝統的なメインディッシュ。こんがりとローストされた肉と栗がなんとも香ばしく素直に美味しい料理です。
そこまではなかなかできないという方にはシンプルで美味しい今月のレシピ<鶏胸肉のソテー フロマージュ ブラン添え>がおすすめ。是非お試しください。
 

ヴァンテアンのバゲット

  

 

                      2012年11月のフランス料理レシピ    Vol.46

大根と舞茸のテリーヌ仕立て
Navet long blanc et Maïtaké en terrine

 

 

すっかり寒くなり、スパイスが効いたホットワインを飲みたくなる季節になりました。香りが高く、おいしい茸もたくさん味わえる時期でもあります。フランスではジビエ(狩猟料理)の季節で、日本でも11月15日から北海道以外は狩猟が解禁されます。そんなおいしい季節の初め、今月15日にボジョレ・ヌーヴォが解禁になります。日本では一番知られているワインかもしれません。今年採れたブドウから急ぎ足で作られたワインなので、フランス、特に地元ブルゴーニュ地方では味わうというよりは今年のブドウの収穫を<祝う>意味合いが大きいかもしれません。街を歩いていると「ラーラ、ラーラ、ラララララーラ...♪♪」と、皆で大合唱するブルゴーニュの歌がよく聞こえてくる日でもあります。
 

ヴァンテアンのバゲット

  

 

【レシピ公開中!!】 2012年10月のフランス料理レシピ    Vol.45

洋梨のキャラメリゼ 蜂蜜風味
Poire caramélisée au miel

 

 

ようやく残暑も収まり、おいしいものが沢山出てくる季節になりました。この時期楽しみなのが洋梨。日本では「ラ・フランス」が有名ですが、フランスでは「Williams」や「Guyot 」など色々な種類があります。独特の香りと食感で、タルトといえば洋梨、洋梨といえばタルトというがフランスでは一般的。レストランなどでは肉料理の付け合せとしてもよく使われます。今月のレシピ《 洋梨のキャラメリゼ 蜂蜜風味》は料理の付け合せとして、デザートとしても楽しめます。
 

ヴァンテアンのバゲット

  


 

【レシピ公開中!!】2012年9月のフランス料理レシピ    Vol.44

野菜とカマンベールのタルチーヌ
Tartine de légumes et camembert

 

 

バゲットの美味しい食べ方は色々あります。チーズとハムのサンドウィッチ、フレンチトースト、バターとジャムを塗ったタルチーヌ...etc。今回のレシピはサラダのようでサラダではないバゲットを使った料理<野菜とカマンベールのタルチーヌ>。トラディショナルなバゲットと夏野菜、オリーヴオイル。シンプルで複雑な味、バゲット美味しさが決め手になる料理です。
 

ヴァンテアンのバゲット

  

 

【レシピ公開中!!】2012年8月のフランス料理レシピ    Vol.43

きゅうりのヴルーテ ミント風味
Voulouté de concombres à la menthe

 

 

毎日暑い日が続き毎年のように ”今年の夏は去年より暑い。異常気象だ。”とつぶやいているのは私だけでしょうか。そんな炎天下の中、野菜たちのお世話を楽しんでいる方も少ないないのでは。 きゅうりを育てている方も多いはず。冷やしたきゅうりに味噌をつけてカリカリ食べるのも美味しいですが、冷静のヴルーテはまた違う美味しさ。ヴルーテとはとても簡単に言えばピュレのようなもの。ミントの爽やかな香りとキュウリの青っぽさが美味しい冷製料理です。
 

ヴァンテアンのバゲット

  

 

【レシピ公開中!!】2012年7月のフランス料理レシピ    Vol.42

グレープフルーツと豚レバーのサラダ

Salade composée au pamplemousse et au foie de porc

 

 

夏のような陽射しも時々みられるようになったこの季節、サラダに使う葉物の野菜もみずみずしくスーパーの店頭に並ぶようになりました。日本でサラダといえば、料理のつけ合わせというイメージが先行しがちですが、様々な食材と組み合わることで立派な一皿になります。今月のレシピ<グレープフルーツと豚レバーのサラダ>は、レバーとグレープフルーツという組み合わせ。ミルクのようなレバーソテーの味とグレープフルーツの特有の強く爽やかな酸味が美味しいサラダです。
 

ヴァンテアンのバゲット

  

 

【レシピ公開中!!】2012年6月のフランス料理レシピ    Vol.41

茄子のグラタン

Gratin d'Aubergines

 

 

夏野菜がスーパーの店頭にもようやく並び始めました。旬のものだけあって、お買い得商品として並んでいることもしばしば。夏野菜とはいっても色々なものがありますが、キュウリに並ぶ日本の夏野菜は茄子。家庭菜園で育てている方も多いのではないでしょうか。漬物や焼き茄子、煮浸し、炒め物などで楽しむのが一般的ですが、和食では油と合わせることが少ない食材です。茄子に油を吸わせて本来の甘みを出すのが、フランスでは主流です。使う油はオリーヴオイル。オリーヴオイルをたっぷり使ったトマトソースと茄子を段々重ねにしたこの料理、是非和食とは違った茄子のおいしさを発見してみてください。
 

ヴァンテアンのバゲット

  

 

【レシピ公開中!!】2012年5月のフランス料理レシピ    Vol.40

タブレ

Taboulé

 

 

フランスでは5月中旬から夏のような暑い季節が始まります。この頃から市場には色彩豊かな新鮮な野菜やハーブ、果物がずらりと並び食欲をそそります。そんな夏野菜をおいしくサラダ感覚で食べられるのが今月のレシピ<タブレ>。クスクスと野菜のサラダともいえるこの料理、フランスではとてもポピュラーな家庭料理です。肉料理の前菜に、ロゼワインと一緒に。
 

ヴァンテアンのバゲット

  


【レシピ公開中!!】2012年4月のフランス料理レシピ    Vol.39

ラザニア ボローニャ風

Lasagnes (bolognaise)

 

 

ここ関東でも桜が開花しはじめ、やっと春を実感できる陽気になってきました。春の野菜も少しずつですが店頭に並び始めてきているようです。世界的には夏野菜のトマトですが、日本の気候では5月あたりがトマトにとっては良い季節だそう。しかしながら、ヨーロッパに比べるとトマトの質はやや劣るというのが正直なところ。糖度だけではなく酸味も重要な美味しさの要素。トマトを使った煮込み料理には特にこの酸味が不可欠です。そこで便利なのが、どこのスーパーでも売っているホールトマト缶。ほとんどがイタリア産トマトなので、美味しいトマト料理を作ることができます。トマトと牛肉のシンプルな美味しさを簡単に堪能できる料理【 ラザニア ボローニャ風 】が今月のレシピ。フランスでもポピュラーな隣国イタリアの家庭料理です。

 

ヴァンテアンのバゲット

  

 

【レシピ公開中!!】2012年3月のフランス料理レシピ    Vol.38

鶏肉のシードル風味

Poulet au cidre

 

 

少しずつ春の兆しが感じられるこの頃。体が温まる料理にも少し飽きてきたところかもしれません。菜の花やたらの芽、ふきのとうなどの春を告げる野菜が店頭に並び、わくわくする季節でもありますね。しかし、軽い野菜料理ばかりではちょっと物足りないことも。そんな時には、フルーティーに仕上げた鶏肉料理【 鶏肉のシードル風味 】がぴったり。

りんごのお酒が鶏肉と混ざり合うシンプルな美味しさです。

 

ヴァンテアンのバゲット

  


 【レシピ公開中!!】2012年2月のフランス料理レシピ    Vol.37

ラクレット

Raclette

 

 

本格的な寒さが訪れる2月、日本でも各地で大雪が降っていますが、ヨーロッパでは突然の大寒波。そんな寒い冬にはには今月のレシピ<ラクレット>がおすすめです。冬になると友達や家族で賑やかにチーズを溶かす、そんな料理です。ラクレットとは、フランス語で「こそぎとる」という意味。直径50cm程の大きなチーズの半円を直接火で炙り、じゃがいもやハムなどの上にトロリとした表面をナイフで「こそぎとる」のです。今ではラクレット専用の家庭用チーズ溶かし機のようもので楽しむのが主流です。あまりにおいしくて食べ過ぎるとお腹を壊してしまうのでご注意を。

 

ヴァンテアンのバゲット

   ラクレットチーズはこちらでお求めになれます。←ここをクリック

 

 

【レシピ公開中!!】2012年1月のフランス料理レシピ    Vol.36

コック オ ヴァン

Coq au vin

 

 

ノエルのヴァカンスも終わり、1月2日から日常に戻るフランス。日本に比べれば一足早く新年がスタートする感じ。今年は全国的に暖冬のフランス。冬とは思えない暖かな日が続いているようです。通常なら0℃を下回る日が多いコート・ドール県ですが、今年のワインの出来に影響があるのかもしれませんね。通常なら底冷えのする冬真っ只中のコート・ドール県を代表する郷土料理<コック オ ヴァン>が今月のレシピです。簡単にいえば、鶏肉の赤ワイン煮。ワインの酸味と風味を味わう素朴な料理で、日本においては新鮮みのあるおいしさかもしれません。ワインで有名なコート・ドール県の美味しさを是非味わってみてください。

 

ヴァンテアンのバゲット

 

 

【レシピ公開中!!】2011年12月のフランス料理レシピ    Vol.35

クリスマス特別メニュー

ビュッシュ ドゥ ノエル

Bûche de Noël Chez Py

 

12月といえばクリスマス。フランス語では”ノエル”と呼びます。フランスのクリスマスは、日本のお盆やお正月のように家族が集まる大切な日。フォアグラや七面鳥の栗詰めなどのご馳走がテーブルに並び、おいしい一日でもあります。それらのご馳走のひとつであるクリスマスに食べるデザートは、とても伝統的。今月のレシピはその伝統的なデザートの<ビュッシュ ドゥ ノエル>をご紹介します。最近では日本でもこのデザートを楽しめるようになりました。”ビュッシュ”とは暖炉にくべる”薪”という意味です。薪にみたてた<ビュッシュ ドゥ ノエル>は、各家のお母さんが作る素朴なお菓子。友達のお母さんに教えてもらった、代々受け継がれている本当の<ビュッシュ ドゥ ノエル>です。静かなクリスマス、”ノエル”が感じとれるかも。

 

ヴァンテアンのバゲット

 

 

【レシピ公開中!!】2011年11月のフランス料理レシピ     Vol.34

豚ロース肉 マスタードソース

Côtes de porc sauce moutarde

 

 

例年より暖かい今年の初冬ですが、今月はボジョレ・ヌーヴォが解禁されますね。毎年楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。今年のフランスの夏は寒かったようで、フランスの友人とインターネットで話したとき、その友人は長袖を着ていましたね。かなり寒いといっていました。今年のボジョレ・ヌーヴォはどうなのでしょうか...とはいえお祭り的な要素もかなり含まれるボジョレ・ヌーヴォの解禁日。楽しく話して、飲んで食べていつもの歌を歌う、それが本場ブルゴーニュ地方の慣わしです。

気の合う仲間と一緒に家でワインを楽しんだりする際に今月のレシピ<豚ロース肉 マスタードソース>はもってこい。会話が弾むこと間違いなしですね。

 

ヴァンテアンのバゲット

 

 

 

【レシピ公開中!!】2011年10月のフランス料理レシピ      Vol.33

ホットワイン スパイス風味

Vin chaud aux épices

 

 

長めの残暑もようやく終わり、いよいよ寒い季節の気配がする今日この頃。あたたかい料理が食べたくなる季節でもあります。北海道より緯度が高いフランスの冬は底冷えする寒さ。体が冷えきってしまったり、ちょっと熱っぽいときには、今月のレシピ< ホットワイン スパイス風味 >が一番。体の芯から温まります。冬の風物詩<マルシェ ド ノエル>ではホットワイン片手に市を楽んだりと、フランスではポピュラーな飲み物です。

甘酒が飲みたくなった時、このホットワインはおすすめです。

 

ヴァンテアンのバゲット

 

 

 

【レシピ公開中!!】2011年9月のフランス料理レシピ       Vol.32

人参のレーズン風味

Carottes aux raisins

 

 

これから徐々に季節は秋に向かっていき、色々な美味しい食材が顔を揃えます。一年中いつでも食べられる野菜の人参は、秋が旬。これから甘みを増して美味しい時期に入ります。今月のレシピは、日本の食卓の基本野菜と言っても過言ではない人参を使った料理をご紹介します。あまりにも身近な野菜なだけに、人参料理はすぐに頭に浮かばない方も多いと思います。果物と合わせることなど、なかなかありませんよね。そんな普通すぎる野菜の人参を使った【人参のレーズン風味】が今月のレシピ。素材の甘みと酸味がバターと程よく混ざり合いながら、じっくり仕上げる料理です。肉料理の付け合せにはもってこいの料理ですので、是非お試しくださいね。

 

ヴァンテアンのバゲット

 

 

 

【レシピ公開中!!】2011年8月のフランス料理レシピ       Vol.31

トマトのクーリ

Coulis de tomates

 

 

夏野菜といえばトマト。家庭菜園でトマトを育てている方も多いのでは?そのまま食べてもとても美味しい野菜ですが、ひと手間かけて更においしくなる食材。スペイン郷土料理のガスパチョは、日本でも良く知られたトマトの冷製スープです。今回ご紹介する【トマトのクーリ】は、スープとしてもソースとしても美味しく使える優れもの。完熟の真っ赤な生トマトをフレッシュさを失うことなく美味しいところだけをうまく抽出しているのが特徴です。ピュレでもトマトソースでもない【トマトのクーリ】、是非お試しください。

 

ヴァンテアンのバゲット

 

 

 

 【レシピ公開中!!】2011年7月のフランス料理レシピ      Vol.30

トルティージャ

Tortilla espagnole

 

 

梅雨真っ只中というのに、暑い日が続いていますね。ヨーロッパの夏は日差しが強くカラっとしていて、日本の夏とはちょっと違います。ヨーロッパの中でも暑い国、スペイン。フランスのお隣の国。やはり食べ物も似てるようでちょっと違います。スペインの代表的な郷土料理として有名な<トルティージャ>。パエージャ(パエリア)、ハモン・セラーノと並ぶ代表的な料理です。「オリーヴオイルを食べる」といっても過言ではないスペインの料理は、日本人の想像をはるかに超える量のオリーヴオイルを使います。オイルの中で素材の旨みを引き出しながらオリーヴの美味しさも味わう、そんな料理です。シンプルなスペインの家庭料理<トルティージャ>は暑い国スペインの素朴さを表している料理といっていいでしょう。巡礼で有名な街<Santiago de Compostela>でスペイン人の友人に教えてもらったレシピです。お皿に残ったオリーヴオイルはバゲットで最後まで美味しくいただけます。

 

ヴァンテアンのバゲット

 

 

 

 【レシピ公開中!!】2011年6月のフランス料理レシピ      Vol.29

ラタトゥイユ

Ratatouille

 

 

いよいよ本格的に暑くなり始めました。いい色をした夏野菜がたくさん出回り、野菜売り場も華やかに見えますね。フランスの市場では赤々としたトマトをはじめ、いかにもおいしそうな野菜がにぎっしり並びます。旨みと甘みがぎっしり詰まった夏野菜を贅沢に味わうことが出来るのが今月のレシピ<ラタトゥイユ>。

プロヴァンス地方の郷土料理ですが、今ではフランス全土で食べられている料理です。トマトをベースに野菜を野菜で煮込んでいく、野菜料理の決定版ではないでしょうか?

 

 

 

【レシピ公開中!!】2011年5月のフランス料理レシピ      Vol.28

赤ピーマンのオリーヴオイルマリネ

Poivrons rouges confits

 

 

温かい日も多くなり、食材も豊富になる季節になりました。やはり野菜がおいしく食べたいこの時期、しっかりとした甘みがある食材が特に美味しく感じられますね。赤ピーマンはその代表。トマトにも負けない甘さがあります。ハーブとオリーヴオイルで漬け込むとなんともいえぬ素朴な味わい。オイルを食べるという感覚、ヨーロッパ的なお味です。

 

 

 

 【レシピ公開中!!】2011年4月のフランス料理レピ      Vol.27

クレープ

Crêpes

 

 

そろそろ桜も咲く頃、心地よい季節。お菓子や料理が作りたくなる季節かもしれません。

今月は家庭で作るお菓子の定番、<クレープ>。お母さんが4時のおやつに作ってくれるお菓子。砂糖とバターをかけてシンプルに食べるもよし、ジャム、チョコレートソースなどなど好みのものを塗って食べます。コアントローやグランマルニエを振りかけて上品に食べるのもアリ。素朴なお菓子を堪能してみてはいかがでしょう?

 

 

 

 【レシピ公開中!!】2011年3月のフランス料理レシピ      Vol.26

ほうれん草のポタージュ

Potage aux épinards

 

 

少しずつ春を感じるこの時期、旬の野菜もすこしずつ出はじめます。菜の花やフキノトウなどの野菜が代表的ですね。今回は身近な野菜を使って簡単に作れるポタージュをご紹介します。家では作るのが難しいと考えていた方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。ベースの野菜スープにお好みの野菜を加えるだけなので、バリエーションも豊富。地野菜を使って作ればオリジナルのポタージュが楽しめます。季節を感じられるスープに是非挑戦してみてください。

 

ヴァンテアンのバゲット

 

 

 【レシピ公開中!!】2011年2月のフランス料理レシピ      Vol.25

オニオングラタンスープ リヨン風

Gratinée lyonnaise

 

 

寒さが厳しい日が続くこの時期、鍋料理などあたたかい料理が献立にあがることが多いですね。寒い時に食べたくなる料理として日本でも定番のオニオングラタンスープ。

フランス料理だと知らない方も多いのではないでしょうか。実はあまりフランスでは知られていないこのリヨン地方の料理<オニオングラタンスープ リヨン風>。オニオンの甘さを存分に楽しむシンプルなスープで、飲むというよりは食べる感覚。日本のオニオングラタンスープとはちょっと趣が違います。もちろんバゲットは欠かせませんよね。

 

ヴァンテアンのバゲット

 

 

 【レシピ公開中!!】2011年1月のフランス料理レシピ      Vol.24

ポーチドエッグ ブルゴーニュ風

Oeufs en meurette

 

 

慌しく新年が明け、あっという間のお正月だった方も多いのではないでしょうか。

フランスではクリスマスのヴァカンスが明ける1月2日から1年がスタートします。そして、いよいよ冬本番。赤ワインが飲みたくなる季節ですね。今月のレシピは、赤ワインをふんだんに使った【ポーチドエッグ ブルゴーニュ風】です。ブルゴーニュワインの特徴である酸味がストレートに味わえるこの料理は、誰もが知っているブルゴーニュ地方の郷土料理です。『落とし卵に赤ワインのソース』とは、日本人にとっては意外すぎる組み合わせかもしれませんね。

 

ヴァンテアンのバゲット

 

 

 【レシピ公開中!!】2010年12月のフランス料理レシピ    Vol.23

クリスマス特別メニュー

鴨肉のハチミツ風味 ポルトソース

Magret de canard au miel sauce Porto

 

クリスマス一色になるこの時期、ワインを楽しむ機会も多い季節です。今月はクリスマスのメイン料理にふさわしい『鴨肉のハチミツ風味 ポルトソース』をご紹介します。鴨肉のオレンジソースは日本でも知られていますが、ハチミツとの組み合わせはあまり知られていないのでは?キャラメリゼさせた香ばしい鴨肉に甘いポルトソースが良く合う料理です。付け合わせのりんごのソテーが鴨肉の味を一層引き立てています。素朴なのに品が良く、クリスマスにはピッタリ。家庭でも作れるこの料理、是非ご自宅で挑戦してみてください。

 

ヴァンテアンのバゲット

 

 

 【レシピ公開中!!】2010年11月のフランス料理レシピ    Vol.22

豚肉のリエット

Rillettes de porc

 

いよいよ寒い季節になり、ワインを美味しく楽しめる季節です。今月はワインにぴったりな『豚肉のリエット』をご紹介します。日本ではビストロやブラッスリーなどで前菜として出されることが多い『豚肉のリエット』ですが、お昼にバター感覚でパンに塗って食べたり、ワインのおつまみとしてなどフランスではスーパーなどにも売っている気軽な食べ物。テリーヌやパテと並ぶ伝統的な保存食でもあります。11月18日にはボジョレ ヌーヴォが解禁します。ボジョレのあるブルゴーニュ地方では、その年のワインの出来を見るというよりも

お祭り的な要素が色濃いボジョレ ヌーヴォの解禁日。ボジョレ ヌーヴォに限らず、家族や友人と賑やかにワインを楽しむには、もってこいの一品です。

 

ヴァンテアンのバゲット

 

 

 【レシピ公開中!!】2010年10月のフランス料理レシピ    Vol.21

丸鶏のポトフ

Poule au Pot

 

 

暑い夏から一転、肌寒い今年の秋。作物にも色々影響が出ているようです。体調を崩している方も多いのではないでしょうか。これからの寒い季節におすすめしたいのが今月の料理

<丸鶏のポトフ>。ポトフは骨付き牛肉の塊と野菜をコトコトと煮る料理で、フランスのスーパーにもポトフ用の骨付き牛肉がこれからの時期店頭に並びます。日本のスーパーでは骨付きの牛肉を手に入れるのは難しいのが現状。そこで、日本のスーパーでも手軽に手に入れることができる鶏1羽を使った<丸鶏のポトフ>をご紹介します。フランスの冬を感じさせる一皿です。

 

ヴァンテアンのバゲット

 

 

 【レシピ公開中!!】2010年9月のフランス料理レシピ    Vol.20

ハーブ入りオムレツ

Omelette aux herbes

 

 

猛暑が続く今年の夏は、ついつい冷たいものばかりを食べてしまって食欲がわかない方も多いのでないでしょうか。そんな時は、シンプルで素直なオムレツはいかがでしょう。

パセリ、バジルなどのハーブが、和食の卵焼きとは違った爽やか風味をプラスしてくれます。オリーヴオイルとバターで軽すぎない料理に仕上げるのもヨーロッパのオムレツの特徴。

洋食屋さんのようにきれいに仕上げず、しっかり焼いて仕上げます。もちろん最後はバゲットで皿を拭うのをお忘れなく!

 

ヴァンテアンのバゲット

 

 

 【レシピ公開中!!】2010年8月のフランス料理レシピ    Vol.19

田舎風サラダ

Salade campagnarde

 

 

この暑い時期はさっぱりしたものが食べたくなります。そんな時は《田舎風サラダ》がおすすめ。軽すぎず重すぎずしっかり食べれるサラダです。よく焼いたベーコンとクルトンがしっかりとした味と食感を作り出してくれます。よく冷やしたロゼワインとバゲットを添えれば、まさにそれはフランスの田舎にあるカフェのランチのよう。

 

ヴァンテアンのバゲット

 

 

【レシピ公開中!!】2010年7月のフランス料理レシピ    Vol.18

茄子のファルシ

Aubergine farcie

 

 

この時期美味しい野菜といえば茄子。これはフランスも日本も共通の旬の野菜。家庭菜園などで栽培されているかたも多いこの時期定番の野菜です。オリーヴオイルなどの油脂と相性がよく、天ぷらや素揚げなどが一般的な調理法。豚肉や牛肉などの肉汁とも相性がよいのでハンバーグ風な挽肉を茄子にのせて焼く《茄子のファルシ》がフランス家庭料理として一般的です。肉汁が茄子に浸みこみ、野菜と肉の美味しさが絡み合ってなんともいえないシンプルな美味しさがあります。日本でもお馴染みのハンバーグ感覚でフランス家庭料理が簡単にできあがります。

 

 

【レシピ公開中!!】2010年6月のフランス料理レシピ    Vol.17

アボカドのディップ ピスタチオ風味

Avocat au beurre

 

 

暑い日と寒い日が交互にやって来るこの時期は、さっぱりとしたものが食べたくなります。しかし、ビールやロゼワインを飲みたくなる季節でもありますよね。お酒と合うしっかりとコクがあるものも欲しい...そんな季節にはこの《アボカドのディップ ピスタチオ風味》がおすすめです。

作り方はいたって簡単、フードプロセッサで混ぜるだけ。あっという間にできあがります。色もきれいで季節感いっぱい、ホームパーティーで活躍すること間違いなしです。バゲットをスライスしてお好みの加減にグリルすれば、本格的なアミューズになってしまいます。

爽やかなピスタチオの香りがアクセントになって、ヨーロッパ的な風味のある一品です。

 

ヴァンテアンのバゲット

 

※ 写真のパンのスライスは現在イベント限定で販売している商品《ラスク 黒オリーヴ入り》です。

 

 

 【レシピ公開中!!】2010年5月のフランス料理レシピ    Vol.16

ホワイトアスパラガス オランデーズソース

Asperges blanches sauce hollandaise

 

 

5月は色々な食材が出回り始めます。野菜やハーブ、魚介類と季節を感じられる時期。

ヨーロッパでも同様で、春の旬野菜といえばホワイトアスパラガス。この春の味覚を心待ちにしているフランス人も多く、この時期店先にはホワイトアスパラガスがずらっと並びます。しかし、数週間で店頭から潮が引くようになくなってしまう、まさに時期限定の野菜で、日本の筍のような野菜です。そんなホワイトアスパラガスをシンプルに楽しめる料理が、

《 ホワイトアスパラガス オランデーズソース 》。

塩茹でしたホワイトアスパラガスにバターとレモン、卵を使ったソースをかけるだけ。ヨーロッパ流の味わいを感じられる料理です。

 

  

 

 【レシピ公開中!!】2010年4月のフランス料理レシピ    Vol.15

鶏もも肉のオリーヴ煮 モロッコ風

Poulet aux olives  ( Marocain )

 

 

フランスといえば、伝統的なヨーロッパのスタイルの料理ばかりだと思いがちですが、現在では隣接する国の食文化も一般的になっています。今月はそのひとつでもあるクスクスを使った料理《 鶏もも肉のオリーブ煮 》をご紹介します。

クスクスは北アフリカ(マグレブ)の伝統的な食材で、パスタをお米のように小さく丸めたものです。不思議なクスクスの味わいとスパイスを効かせた肉料理は、東南アジアの料理を彷彿とさせます。

柔軟に異文化を吸収する国<フランス>を象徴する料理です。

 

  

 

【レシピ公開中!!】2010年3月のフランス料理レシピ   Vol.14

そば粉のクレープ

Galette de blé noir  ( complète )

 

 

フランスで蕎麦を使った料理といえば、ブルターニュ地方のそば粉を使ったクレープ。

フランスでも全土に知られている郷土料理のひとつでもあるこのクレープ、日本でも知られてきています。しかし、レストランで食べることはあっても自宅で楽しむことはまだまだ稀なのではないでしょうか。日ごろ蕎麦に慣れ親しんでいる日本人にはぴったりで、新しい感覚の蕎麦料理としてチャレンジしてみてはいかがでしょう。作り方はいたって簡単。普通のクレープとほぼ同じ。中に入れる具材は目玉焼きやチーズ、ハムなどお好みで。ブルターニュ地方の名物りんごの発泡酒<シードル>と頂けば、素朴なフランスが見えてきます。

 

ヴァンテアンのバゲット

  

 

【レシピ公開中!!】 2010年2月のフランス料理レシピ   Vol.13

ブイヤベース 漁師風

Bouillabaisse des Pêcheurs

 

 

今回は寒い季節にぴったりな体が温まるスープ《ブイヤベース 漁師風》をご紹介します。

日本でもよく知られている南仏プロヴァンスの郷土料理ですが、”魚のごった煮”や”地中海風鍋”などと間違って訳されていることも多いこの【ブイヤベース】。ブイヤベースとは魚のエキスをストレートに抽出した旨みたっぷりの「魚のスープ」なのです。

そして、この濃厚なスープに無くてはならないのがバゲット。長時間発酵のヴァンテアンのバゲットとは相性抜群です。

魚が豊富な日本だからこそ簡単にできる、おいしいブイヤベースをご家庭で試してみてはいかがでしょう。

 

ヴァンテアンのバゲット

  

 

【レシピ公開中!!】 2010年1月のフランス料理レシピ  Vol.12

グラタン ドフィノワ

Gratin Dauphinois

 

 

新年最初のレシピはフランスで最もポピュラーなレシピのひとつの《グラタン ドフィノワ》です。一言でいえば【じゃがいものグラタン】です。グラタンといえばホワイトソースとマカロニを使った料理を連想しますが、この《グラタン ドフィノワ》はじゃがいもを牛乳、生クリームで煮るだけのシンプルでどっしりしたフランス料理。お母さんの味ともいえるこの料理を是非レパートリーに加えてください。

 

ヴァンテアンのバゲット

  

 

【レシピ公開中!!】2009年12月のフランス料理レシピ   Vol.11

クリスマス特別メニュー

若鶏のロースト 舞茸ソース

Poulet rôti aux Maïtakés

若鶏のロースト 舞茸ソース

 

今回は12月にふさわしいクリスマス特別メニュー《若鶏のロースト 舞茸ソース》です。

ヨーロッパでは栗を詰めた七面鳥のローストを食べてクリスマスを祝いますが、日本ではクリスマスにチキンを食べるのが一般的になりつつあります。七面鳥でもチキンでも同じ作り方で簡単に豪華な一皿に仕上げるレシピをご紹介します。ローストとは鶏又は七面鳥を1羽そのまま焼くのが一般的ですが、もも肉だけでもOKです。ハーブで香り付けした鶏肉とロースト時に滲み出る肉汁を使った舞茸のクリームソースで本格的な一皿ができあがります。付け合せはシンプルに人参とジャガイモの塩茹でだけ。シンプルで豪華なクリスマスディナーをご自宅でご家族やお友達と一緒に召し上がってみてはいかがでしょう。

 

ヴァンテアンのバゲット

  

 

【レシピ公開中!!】2009年11月のフランス料理レシピ   Vol.10

ムール貝の白ワイン蒸し

Moules marinières ( Moules - frites )

ムール貝の白ワイン蒸し ムール−フリット 

 

朝夕肌寒く温かいものを食べたくなる季節になりました。今月は《ムール貝の白ワイン蒸し》をご紹介します。ベルギーの代表的な料理としても有名なこの料理ですが、今ではフランス全土で知られるポピュラーな料理として定着しています。《ムール貝の白ワイン蒸し》とフライドポテトを一緒に食べることがフランス、ベルギーでは一般的で、この2つを合わせて《ムール・フリット》と一般的に呼んでいます。《フリット》とはフライドポテトのことです。ムール貝のエキスとバター、白ワインが程よく混ざり合い、なんともいえない病み付きになること間違いなしの味わいです。貝の殻をスプーン代わりに使って食べることも多いこの料理、ガツガツ食べてしまうこともしばしば。そのまま飲みたくなるほど美味しい煮汁をバゲットに浸して食べれば、1皿を余すことなく美味しく完食できます。白ワインやビールが欲しくなる一品です。

 

ヴァンテアンのバゲット

  

 

【レシピ公開中!!】 2009年10月のフランス料理レシピ   Vol.9

スモークサーモンのクリームムース

Crème au saumon fumé

Creme au saumon fume 

 

日に日に秋を感じる季節になりました。今回ご紹介するのは、スモークサーモンを使った料理《スモークサーモンのクリームムース》です。スモークサーモンをサラダなどにすることは多いですが、クリームでムース状にすることでサーモンの美味しさを更に引き出しています。これからの時期、ご自宅にお友達を招いて食事をしたり、パーティーなどもてなす機会も増えると思います。そんな時に《スモークサーモンのクリームムース》をバゲットに塗ってお皿に盛り付ければ前菜やアペリティフとしてテーブルを演出できます。週末などに軽い白ワインをちょっとだけ飲みたいという時にもディップ感覚で召し上がって頂けます。フードプロセッサで混ぜるだけで簡単に個性的な一皿ができます。皆様のお料理のレパートリーに是非加えて頂きたい一品です。

 

ヴァンテアンのバゲット

  

 

【レシピ公開中!!】2009年9月のフランス料理レシピ   Vol.8

鶏腿肉のソテー コート・ドール風

Cuisses de Poulet sautées à la Côte d'or

鶏腿肉のソテー コート・ドール風 

 

今回ご紹介するのは、フランス コート・ドール県(ブルゴーニュ地方)の伝統的な料理を手頃な形にアレンジした鶏肉料理です。ワインやエスカルゴで有名なこの地域の料理には、バター・にんにく・パセリを使った料理が多く、エスカルゴ料理に使用するバターはまさにこの3種類の素材を混ぜ合わせた代表的なものです。エスカルゴと同様に蛙腿肉のソテーもこの地域の代表的な料理です。フランスを代表するレストランのひとつ《ラ・コート・ドール》はこの蛙料理をアレンジしてミシュランで3ツ星を獲得しました。この《ラ・コート・ドール》の創始者で"水の料理人"といわれた考案者故ベルナール・ロワゾー氏の《蛙腿肉のソテー パセリソース》は世界的に有名です。この料理は単純さが最大のポイントです。この料理を日本の家庭でも味わえるよう、<蛙腿肉を鶏腿肉に>・<にんにくをにんにくの芽>に代えて私店主が再度アレンジしました。コート・ドール県の伝統と美食をご家庭で是非感じてみてください。

  

 

【レシピ公開中!!】2009年8月のフランス料理レシピ   Vol.7

キュウリのクリームソース和え

Concombre au Fromage blanc

キュウリのクリームソース和え 

 

暑い夏によく食べる野菜といえばキュウリ。夏に限らずとっても身近で美味しい食材ですが、その食べ方はそれほど多くないのでは。フランス風のキュウリの食べ方でキュウリ料理のレパートリーの幅がぐっと広がります。見た目も味も日本の食卓にはあり得ないキュウリの料理です。新鮮なキュウリのみずみずしいさっぱりとした味とクリームのコクがおいしい夏にぴったりな料理です。きしめんのように長くスライスされたキュウリは見た目も面白いので、おしゃれなテーブルの前菜としてもOKです。生ハーブで香りを加えているのでシンプルなのにしっかりとアクセントが効いています。お好みのハーブでヴァリエーションも自由自在。今回はマスカルポーネチーズとサワークリームでフロマージュ ブランの代用をしています。

本格的に作りたい方はフランス産フロマージュ ブランが買える<チーズ専門店 アルパージュ>でどうぞ。

 

フロマージュ ブランの紹介ページへ移動

 

 

【レシピ公開中!!】2009年7月のフランス料理レシピ   Vol.6

トマト ファルシ

Tomates farcies Chez Py

トマト ファルシ 

 

赤々としたトマトが店先に並び始め、夏はもうすぐそこ。夏に美味しい食材といえばトマト。今回はそんなおいしいトマトを使った料理をご紹介します。この《トマト ファルシ》はとってもポピュラーなフランス家庭料理で、フランスのスーパーなどではトマト ファルシ用の挽肉が必ずショーケースに並んでいます。《ファルシ》とは<詰め物をした>という意味で、簡単にいえばこのトマト ファルシはピーマンの肉詰めならぬトマトの肉詰めです。パセリやベーコンなどを挽肉に加えているので香りも華やかでトマトの甘みと酸味がとてもおいしい料理です。しかも簡単、トマトの中をくり抜たら挽肉を詰めてトマトのジュースで仕上げるだけ、黒胡椒でアクセントをつけて完成。生米をほんの少しだけ入れるのがポイントです。友人のお母さんが代々受け継いだ作り方を私店主がフランスで直接教えてもらい、ほぼそのままご紹介しています。

夏の暑い日にロゼワインとフランスパンでどうぞ。

 

ヴァンテアンのフランスパン

 

 

【レシピ公開中!!】2009年6月のフランス料理レシピ  Vol.5

鶏砂肝コンフィのサラダ

Salade aux gésiers légèrement confits 

鶏砂肝コンフィのサラダ 

 

夏野菜がおいしい季節になりました。今回はそんなおいしい野菜を味わえるサラダをご紹介します。日本でサラダといえば少し軽すぎるものがほとんどですが、フランスではお肉と組み合わせたものも多く、今回ご紹介する砂肝コンフィのサラダはフランスでは一般的なものです。《コンフィ》とはフツフツとオイルで煮るという意味で、鴨腿肉のコンフィは日本でもよく知られています。この料理は付け合せとしてのサラダではなく、一皿の料理としてのサラダといえるでしょう。オイル、野菜、お肉の味が重なり合いながら溶け合い、サラダとはこういうものであると実感されると思います。パン・ド・カンパーニュと一緒に召し上がれば、気分はワインのおいしい田舎町のビストロ。サラダの後はチーズを食べたくなるのでは。

 

<チーズのすすめ>はこちらから

 

 

【レシピ公開中!!】2009年5月のフランス料理レシピ  Vol.4

鰹のクリームチーズソース

Katsuo au fromange léger

鰹のクリームチーズソース

 

今月は今が旬の追い鰹を使った料理をご紹介します。スーパーにもたたき用の鰹が並び始めました。鰹といえば”鰹のたたき”ですが、鰹をフランス料理でいただくのもまた違ったおいしさの発見ができて楽しいのでは。もちろん魚介料理になりますが、お肉料理の感覚で食べられるのが鰹の良いところ。白ワインとクリームチーズの軽すぎないソースをかければ鰹の新たなおいしさに驚かれると思います。ラディッシュにバターをサンドした付け合せをカリカリつまみながらのしっかりとした魚介料理の味わいは、フランスの初夏を連想させます。白ワイン、赤ワインはもちろんロゼとも相性がよく、軽めのブルゴーニュワインがおすすめです。もちろん最後にバゲットでお皿を拭うこともお忘れなく。

 

<チーズのすすめ>はこちらから

 

 

【レシピ公開中!!】2009年4月のフランス料理レシピ  Vol.3

ハーブ漬オリーヴオイル

Huile d'olive aux herbesハーブ漬オリーヴオイル

 

前回のタプナードに続き、今回もこれからの季節にぴったりの料理をご紹介します。今回ご紹介するのは生のハーブをオリーヴオイルに漬け込むだけの簡単で万能な料理です。料理というよりは調味料というのかもしれませんが、フランスパンをこのオリーヴオイルにつけて食べれば「料理」でもあるという意味がすぐにおわかりいただけると思います。サラダ・パスタはもちろんのこと、肉料理・魚介料理・卵料理にとあらゆる料理にお使いいただけます。このオイルを使うだけで香り高く華やかに料理が仕上がり、ヴァンテアンのフランスパンがより一層料理を引き立ててくれます。    

 

        

【レシピ公開中!!】2009年3月のフランス料理レシピ  Vol.2

タプナード

Tapenade

タプナード

 

春の陽射しが少しずつ感じられるようになってきて、暖かい季節が待ち遠しい方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、今回は南仏プロヴァンス地方の料理をご紹介します。プロヴァンスといえば「ハーブ」「強い陽射し」「地中海」...と夏をイメージさせる言葉が並びます。  「オリーヴ」もそのひとつで、プロヴァンス料理には欠かせない食材です。今回ご紹介する《タプナード》は簡単にいえばオリーヴのペーストです。日本ではあまり馴染みがありませんが、いかにも南仏的で手軽に楽しめる料理です。瓶詰めでも市販されていますが、磨り潰すだけで出来上がってしまうのでどなたにでも簡単においしく作れる優れもの。パーティーのアペリティフや週末にちょっとワインを飲むときなど用途は多彩です。フランスパンの種類によっても様々な味が楽しめます。ご自分のお好みの味を探し当てるのもまた楽しみではないでしょうか。

 

 

【レシピ公開中!!】2009年2月のフランス料理レシピ  Vol.1

フレンチトースト

Pain perdu

フレンチトースト

 

前日食べ切れずに余ってしまったバゲットが、次の日の朝にカチカチに硬くな ってしまった こと はありませんか?そんなときにはフレンチトーストがおすすめ。ヴァンテアンのバゲットは水分吸収率が低くなっているので、フランスパンの味はそのままに程よい弾力のフレンチトーストが作れます。フランス語ではフレンチトーストのことを”パン ペルデュ(失われたパン)”といいますが、”失われたパン”  だからこそ味わえる美味しさなのかもしれません。

<フレンチトーストのすすめ>はこちらから

                 

 

 

 

 

 

                               

 





公開中のレシピ

はこちら
 

 

あなたの会員情報を確認・変更/退会する
メールアドレス
パスワード

 

《購入ポイントで更にお得に》

ご購入ポイントを使ってお得にお買い物ができるようになりました。入会特典として100ポイント進呈中。

 

フランス流にフランスパンを楽しむ

フランスパンに合うフランス料理レシピ

 

フランスパンの食べ方

 

フランスパン サンドイッチ レシピ

 

フランスパン チーズのすすめ

 

フランスパン フレンチトースト レシピ

 

フランスパンとフランスから一緒に帰ってきた飼い猫について綴っているヴァンテアンの日記風ブログ

 

 

 

フランスパン ヴァンテアンとは

 

フランスパンの材料

 

フランスパンの作り方

 

フランスパンを冷凍する理由

 

冷凍パンの召し上がり方

 

ご注文の流れ

 

リンクサイト

 

サイトマップ

 

 

 

 


BB